日本オマーン協会は、このほど同協会の法人会員向けの新企画として「ビジネス戦略」と題した特別講座を開催しました。

この講座は、3回に分けて以下の三つのテーマに基づいて行われました。
第一回 「中東諸国と大国」~米中ロの影響力とバランス変化(令和元年6月24日)
第二回 「民族と宗教」 中東各国への影響(同6月26日)
第三回 「中東政治・経済の展望」(同7月3日)
講師は、帝京大学経済学部の中西俊裕教授(主として中東関係)と日経新聞の元北京特派員の佐藤氏(主として中国関係)が担当されました。
日本オマーン協会の大森理事長は「構造的に変化する中東情勢を戦略的に分析し、アラブ湾岸地域のビジネス環境を考察する機会になったと思う。今後も会員皆様のご意見・ご協力をいただき、更に充実した講座にしてゆきたい」と述べました。

Special lecture for the corporate members of Japan-Oman Society

Japan- Oman Society has launched a special lecture for the corporate members of Japan- Oman Society as its new program.
The lecture was consisted of three small workshops/lectures;
First one ` States in the Mid- East area and superpowers` on 24th of June
Second one` Races and Religion` on 26th of June
Third one` Politics and Economies in the Middle East area and future` on 3rd of July
Prof. Nakanishi of Teikyo Univ. and Mr. Sato of Nikkei Shinbun, former correspondent in Beijing, were in charge of the lectures.
President H.E. Omori of Japan- Oman Society mentioned that
Those lectures must have been a fruitful occasion to strategically analyze and study the situation in the Middle East area, which is changing its structure drastically recently.
We would like to improve this kind of lecture for the future by obtaining opinions and advices from our Society’ members.